こんにちは、井関楽器札幌ショールームです。


    第3回『コントラバス・ミーティング』、大盛況のうちに終了致しました!
    ご参加頂いたコントラバス弾きのみなさま、ありがとうございました!

    今回も前回同様に3日間の開催とし、講師 助川龍 氏による個別レッスンと、コントラバス弾きのためのミーティングの2本立てで展開。プロを目指す音大生やアマチュアの方、クラシック・ジャズなどジャンルも様々なコントラバス弾きたちが集まりました。


    1日目からは60分の個別レッスン。個々人に合わせたきめ細やかなアドバイスと共に、自分の楽器が目の前で助川さんの音を鳴らしていることを体感する貴重な体験もできました。
    いかに自分の楽器の魅力を引き出せていなかったのか…とちょっと落ち込むくらいです。


    cbm3-4
    左手のフォームは自分でも気が付かないうちにクセがついているもの。正しく押さえることで弾きやすさが全然違います。



    cbm3-5cbm3-6
    弓のフォームももちろん大事です。弓毛を当てる場所、角度、動かす速さを吟味して、ポジションによって一番深く鳴るポイントを見つけます。


    Cbm3-7
    噂のベースマンも登場!


    そして最終日は希望者によるコントラバス・ミーティング。
    今回はまず、ベートーヴェンの有名な交響曲『運命』の出だしのフレーズを使って、アンサンブルにおいて「息を合わせる」ことの難しさと重要性を全員で体感しました。


    cbm3-1
    普段プロの演奏家が演奏する曲に対してどのように取り組んでいるか、どんなことを考えどこに注意しているか。なかなか聞けない部分です。「譜面を通して、ベートーヴェンと対話している感覚」とは助川さんの言。


    また、参加者の皆さんが普段思っていることや練習方法、メンテナンス、果ては助川さんのプライベートまで(!)、様々な情報を交換・共有する時間も設けられ、よりコントラバスへ向かう気持ちを高められる会となりました。


    cbm3-2
    「楽器を弾くだけがレッスンじゃない!」ということでQ&Aタイム。参加者全員で、いまよりもっと良く演奏するためのことを話し合いました。


    そして!
    コントラバス・ミーティングは第4回の開催が決定致しました!
    9月11日~13日の3日間での開催を予定しております。
    北海道のコントラバス弾きの皆さんは、ぜひこの日程を空けておいて下さい。
    参加のお申込み方法については、近日中にHP等でご連絡致します。

    北海道のコントラバス界隈をより楽しくしていきましょう。
    よろしくお願い致します!


    Cbm3-3


    2015/06/25(木) 18:23 弦楽器 PERMALINK COM(0) TB(0)