スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

    こんにちは、井関楽器札幌ショールームです。


    恒例となってきましたコントラバス奏者のためのイベント、『コントラバス・ミーティング vol.7』が先週10月21日(金)~23日(日)の3日間で開催されました。
    今回もたくさんの方にご参加頂きました。ありがとうございます!
    音楽大学で専門的に勉強している方から社会人の方、大学生や高校生、楽器を持って数ヶ月の方まで、本当に幅広い層のコントラバス奏者が来て下さいました。
    またグループでの受講も過去最多の3組となり、吹奏楽部の先輩後輩であったり、『コントラバス・ミーティング』で出会ったメンバー同士でのアンサンブルグループであったりと、3日間で多彩なレッスンが展開されました。

    cbミーティングvol.7-1
    cbミーティングvol.7-2
    cbミーティングvol.7-3

    聴講制度の利用も、浸透してきました。
    第三者の立ち位置でレッスンを受講すると、自分自身で受けている時とは違う学びがあります。参加者は何コマでも他の受講生のレッスンを聴講できるようにしてありますので、自分のレッスン以外に何コマ分もレッスンを受けることができるようなものです。
    ぜひ、次回以降も積極的にご利用ください。

    また今回は初めての試みとして、参加者みんなで集まる「ミーティング」の時間を2回設けてみました。
    1日目の夜に行ったのは、「初めてのコントラバス・レッスン」という設定での授業形式のミーティングでした。楽器を使わずに、最初の最初に教わるような基礎的な事を参加者みんなで改めて確認していきました。いつも思いますが、基礎的な部分は何度立ち帰って振り返っても新しい発見があるのですね。いつの間にか“慣れ”になってしまっていることも、今回またはっきりと意識できるようになったのではないでしょうか。
    3日目の夜には毎回恒例の「コントラバス・ミーティング」です。毎回テーマを設けて行っているマスタークラスレッスンですが、今回はサン=サーンスの「象」を使って参加者みんながそれぞれの演奏を聴き合ったり、先生の演奏を聴いたりという時間になりました。「譜面通り間違いなく弾く」のではなく、「このフレーズはこういう風に弾きたい!」という想いを育てることが大事だということが伝わるセッションでした。
    それぞれのミーティングが終始笑い声が絶えず和やかな雰囲気で、かつ内容は充実しており、まさに「みんなでつくるイベント」の時間となったと思います。


    cbミーティングvol.7-4
    cbミーティングvol.7-5
    cbミーティングvol.7-6
    cbミーティングvol.7-7

    今回も楽しく、中身の濃い3日間となりました。
    ひとえに、毎回お忙しいなか時間を作って来て下さっている助川龍先生、応援・ご協力頂いているたくさんの方々、そして参加して下さっている皆様のおかげです。
    本当にありがとうございます!


    第8回目もさっそく準備を始めています。
    このイベントは、楽器を持ったばかりの初心者の方や長いブランクがある方も大歓迎です。
    「曲も上手に弾けないし…」
    「せっかくレッスンを受けるのに練習する時間がないから気が引けて…」
    という方こそ、楽しんで頂ける内容であると思っております。
    ぜひ、ほんの少しの勇気を持って参加してみて下さい。

    次回も多くのコントラバス奏者と出会えることを楽しみにしております!

    cbミーティングvol.7-8

    スポンサードリンク


    この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
    コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
    また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。