こんにちは。
    井関楽器札幌ショールームの永沼です。

    昨日、「絵本とピアノ」終演致しました!
    トーク中
    ご来場くださいました皆様、
    ありがとうございました!

    現在フリーアナウンサー、コンサートプランナーとして
    ご活躍中の工藤久巳さんをお迎えしてのコンサートでした。
    くみさんサイン
    メインプログラム「象のババール」では、
    フランスの作曲家・プーランクが、
    絵本「象のババール」のために作曲した作品を、
    語りとピアノで演奏しました!
    ババール表紙
    この作品は、語りとピアノ用の楽譜で書かれており、
    語りの入る位置もしっかり記されていますが、
    声の表情や強弱、間の空け方は人それぞれ。
    ひとつの工夫で雰囲気もがらっと変わります。

    工藤さんの表情豊かな語りで、
    楽しい風景が見えてきたり、
    会場に緊張感が走ったり…!
    また、工藤さんはピアノの音楽との一体感を
    とても大切に作品作りをされており、
    器楽との二重奏と同様、
    お互いの呼吸を合わせての演奏でした!
    演奏中
    私自身、語りとの二重奏は初めての試みで、
    絵本を読むのも久しぶりでしたが、
    子供の頃とは目線や感じ方が違い、
    読み込むうちにいろんな想いが生まれて、
    何度も何度も読み返してしまいました。
    もっと他の作品にも触れてみたいなと思いました♪

    さて話は変わりますが、
    みなさまはレナード・バーンスタインを
    ご存知でしょうか??
    バーンスタイン
    アメリカの指揮者・作曲家で、
    「ウェスト・サイドストーリー」などの名作を残しています。
    今年生誕100周年を迎えるということもあり、
    演奏会のプログラムで取り上げられることも多いです。
    現在開催中の
    PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)でも、
    オールバーンスタインプログラムの演奏会がありました!

    その中の、
    交響曲第2番「不安の時代」という作品。
    私は今までに聴いたことのない作品でした。
    編成はオーケストラとピアノで、
    ピアノ協奏曲スタイルです。
    そして、オーケストラの中にはさらに、
    もうひとつピアノパートがあります!
    しかもピアノは指定で“アップライトピアノ”!
    オケの中にアップライトピアノがあるのを見たのは初めてです…!

    この度ご縁あり、
    オケ中のピアノを井関楽器よりお貸しすることとなったのですが…
    小林さん
    (会場のコンサートホールKitaraで調律中の小林雅巳さん

    作品の最終章“第6楽章・エピローグ”にて、
    メインピアノのパートと同じような旋律を奏でます。
    少し遠くから聴こえるような、
    回想のような効果があるように思います。
    面白い発想です…!

    PMFの札幌公演は7月29日までと、
    もうすぐ終わってしまいますが…
    今週28日土曜日には、
    ピクニックコンサートという、
    屋外でのコンサートがあります♪

    自然いっぱいの中でゆったりと音楽を楽しめるコンサートで、
    お弁当を食べたり、遊んだり、
    テントをたてて聴くこともできるコンサートです。
    家族やお友達と気軽にクラシックを楽しめるので、
    夏の思い出に是非♪
    2018/07/23(月) 17:14 ピアノ PERMALINK COM(0)
      こんにちは。
      井関楽器札幌ショールームの永沼です。

      私事ですが、先月から旅が数回続き、
      毎度ぬかりなくご当地スイーツをゲットして参りましたので
      ご紹介です♪
      おかし1
      左・函館スナッフルズ、右・東京キースマンハッタン
      おかし2
      東京・プレスバターサンド、東京・N.Y.キャラメルサンド

      初めて出会ったお菓子もありましたが、
      どれもとっても美味しかったです♪
      スナッフルズとキースマンハッタンはしっとりと、
      バターサンドとキャラメルサンドは
      さくっとしたクッキー部分が絶妙な食感でした!

      さて、前回のブログで予告しました通り、
      今回は3Fスタインウェイスタジオの
      新しいピアノについてご紹介です!

      実はこの新しいピアノ、
      私永沼が東京にある「スタインウェイ・ジャパン」へ直接伺い、
      試奏をして選んでまいりました!
      (写真は、スタインウェイ・ジャパン設立20周年記念モデルと一緒に)
      すたん1
      スタインウェイでは、
      フルコンサートピアノD-274を購入する際に、
      複数台(1台購入の場合は3台)を試奏の上、
      気に入ったピアノを選ぶことができます♪
      すたん2
      スタインウェイピアノは、
      今でもハンドメイドゆえ、
      生まれた瞬間から、
      人間のようにそれぞれ個性があります。

      井関楽器3Fスタジオは、
      小さな子供たちはもちろん、
      先日大人のピアノコンクールにご参加くださったようなピアノ愛好家の方、
      コンサートで札幌に来られるスタインウェイアーティストの方などの演奏家、
      たくさんのピアニストに利用されています。

      そんな方々が演奏してくださっている
      イメージを思い浮かべながら、
      じっくり選びました♪

      スタインウェイは、
      タッチひとつの違いで様々な表情を見せてくれる楽器です。
      幻想即興曲やラフマニノフ、ドビュッシー、モーツァルトなど…
      いろいろな曲や、タッチで試奏して音色を聴きましたが、
      どんな要望にも、
      こちらがしっかり伝えれば必ず応えてくれる、
      信頼できるピアノです。
      すたん3
      そしてピアノが決まり、
      5月末日の搬入となりました!

      搬入前日の早朝に東京のスタインウェイ・ジャパンを出発し、
      陸路で八戸へ到着、
      そこからフェリーに乗り
      翌朝6時に苫小牧へ到着、
      そして井関楽器札幌に到着しました!
      すたん5
      運送には、奥泉運送さまのスタインウェイ専用トラックが使われました!
      スタインウェイピアノの絵がばっちり入っています。
      貨物室はエアコンが完備され、
      ピアノに最適な温度と湿度が常に管理されています。
      路面からの衝撃を吸収するエア・サスペンションによって、
      ピアノへの衝撃も最小限に抑えられています!
      そしてトラック荷台の天井には、
      ピアニスト・内田光子さんのサインもありました…!

      フルコンサートピアノは、その大きさゆえ、
      通常はたくさんの作業員さんで運んでくださるのですが、
      奥泉運送さんは、いつも全国を駆け巡るため、
      なんとお二人で搬入されることもあるそうです…!

      お店の周りは繁華街で、店前には電線などもあり、
      更にフルコンサートという大型ピアノのため、
      搬出入、設置も大がかりでした!
      すたん6
      ここから先はまたのブログでお伝えいたします!!

      最後にひとつお知らせです。
      7月22日(日)14:00より、
      3Fスタインウェイスタジオにて
      「絵本とピアノ」~語りと音楽の二重奏を楽しむひととき~
      を開催致します!
      絵本
      現在フリーアナウンサーとしてご活躍中の工藤久巳さんをお迎えし、
      語りとピアノ演奏で絵本の世界を作り上げます。
      プログラムのメイン作品「象のババール」では、
      プーランクの音楽が見事に絵本の世界を作り上げていて、
      情景や心情が絵のごとく、
      伝わってきます!
      いろいろなイメージを膨らませながら
      お楽しみいただけるコンサートです、
      是非お越しください♪
      チケットは、井関楽器札幌ショールーム、大丸プレイガイド、
      道新プレイガイドにて販売中です。

      ご来場お待ちしております♪
      2018/07/17(火) 19:16 ピアノ PERMALINK COM(0)
        こんにちは。
        井関楽器札幌ショールームの永沼です。

        雨が何日も続いていますね…
        大雨警報の出ている地域もあります…
        皆様、お出かけの際は十分お気を付けください。

        さて先日、
        第2回大人のピアノコンクールが開催されました!
        トロフィー
        ご参加いただきました皆様、
        ありがとうございました。

        審査は朝9:30からスタートし、
        表彰式が終わったのは夜19:00。
        長丁場でしたが、
        たくさんの想い溢れる演奏が
        スタインウェイスタジオに響き、
        とても素敵な時間でした。

        この日に向けて真摯にピアノと向き合い、
        ステージに立った出場者の皆様は
        とても輝いており、格好良かったです!!

        今回受賞された中のお二方に、
        受賞のご感想を頂きました♪

        第1位を受賞された
        矢野愛子さんのコメント。

        このたびは過分な賞をいただき、ありがとうございました。
        温かい会場の雰囲気の中、素敵な音色とタッチのピアノにも助けられ、
        気持ちよく10分間演奏することができました。
        審査員の先生方の講評はとても励みになり、
        何度も読み返しています。
        このコンクールが、北海道のピアノ愛好家の目標となり
        益々発展することをお祈りしています。
        井関楽器さんには多種多様なピアノが並んでいて、
        まさにピアノ弾きのディズニーランド。
        またときどき試弾にフラっと立ち寄らせていただきます!

        矢野さん

        参加特別賞を受賞された
        米沢亜希子さんのコメント。

        参加特別賞を頂きました。
        大変光栄なことと、感謝しております。
        10分の持ち時間の最後の一音まで、
        審査員の先生方は真剣に聴いて下さり、
        心のこもった温かいメッセージも下さり、
        とても励みになります。
        またコンクールで弾かせて頂くピアノは、
        調律師さんが常時控えていて下さるなど、
        コンクール運営の中に、私達参加者に対する感動的な配慮が溢れています。
        一年間の努力へのご褒美のような、
        ピアノを存分に楽しむ日となりました。
        ありがとうございました。

        米沢さん
        矢野さん、米沢さん、
        ありがとうございました!
        そして改めまして、
        受賞された皆様、
        おめでとうございます!

        (スタインウェイ公認コンサートチューナーの多米實氏に、休憩時間にも念入りに調律して頂きました。)
        ためさん
        (審査員の先生方による全体講評の様子。)
        審査員
        (結果発表では、ドラムロールで会場を盛り上げて頂きました!)
        ドラムロール

        実は今回のコンクールで使用したピアノは、
        5月末日に届いたばかりの新しいピアノでした!
        新品
        スタインウェイ・フルコンサートピアノは、
        コンサートホールなどに設置されていることは多いのですが、
        新品に出会えることはとても少ないです…
        この度コンクールまでに新品の設置が間に合い、
        出場者の皆様に弾いて頂くことができました!
        これから、もっとたくさんの方々に
        このピアノを奏でて頂きたいです♪

        次回、このピアノの搬入の模様を
        お伝えいたします…!!
        クレーン
        2018/07/05(木) 13:57 ピアノ PERMALINK COM(0)