こんにちは。
    井関楽器札幌ショールームの永沼です。

    12月も半ば、ぐっと冷え込んで、
    風邪やインフルエンザが猛威を振るっていますね…

    私は風邪対策として、
    しっかりと睡眠をとることと、白湯を飲んでおります!
    白湯は身体がとても温まるので、おススメです。

    さて、今回もピアノをご紹介したいと思います♪

    STEINWAY&SONSのO-180。
    S1
                        (地下1階に展示中)
    明るい木の色で、印象もぱっと明るくなります。

    スタインウェイ&サンズの歴史は、
    ドイツの家具職人兼ピアノ職人であった、
    ハインリッヒ・エンゲルハート・シュタインヴェグが、
    1836年、自宅キッチンで息子たちと一緒にピアノを製造したことから始まりました。

    その最初に作られたピアノは、「キッチン・ピアノ」と呼ばれ、
    最古のスタインウェイピアノとされています。
    S3
              (キッチンピアノの復元品。 STEINWAY&SONS社HPより)

    1850年にドイツからアメリカへと渡ったハインリッヒは、
    1853年に「STEINWAY&SONS」を創業、ニューヨークの工場で生産を始めました。
    そして、その後1880年にドイツ・ハンブルクにも工場を設立しました。
    S2

    今回ご紹介するピアノは、
    1984年にハンブルク工場で製造されたピアノです。

    丸みのある、暖かい音色で、
    弾いていて心地よいです。
    S4
    寒い日が続いておりますが…
    このピアノで心温まる音楽を奏でたいです♪
    2017/12/15(金) 16:07 ピアノ PERMALINK COM(0)
      こんにちは。
      井関楽器札幌ショールームの永沼です。

      すっかり雪が積もって本格的な冬ですね!

      先日油断して歩いていたら、雪の下に隠れた氷のトラップにひっかかりました…!!
      横断歩道の真ん中ですってんころり……
      皆様、足元には十分注意して、お出かけください。

      さて、前回はフランスのピアノメーカー・プレイエル社のピアノをご紹介しました。

      今回はこちら、
      Y1

      YAMAHAのC3Aをご紹介します。

      弾いてみると、
      クリアな響きで、
      高音の響きが輝かしく美しいです。
      Y2

      ふと、ラヴェルの水の戯れを弾いてみましたら、
      冒頭部分などの、水面の反射のキラキラ感がとっても綺麗に響きました♪

      タッチ感がよく、低音の響きもしっかりあるので、
      表現の幅が広がります。

      Y3
      ヤマハは、1887年に山葉寅楠(やまはとらくす)によって創業され、
      高い質を保ちながら、大量生産を実現し、
      多くの人々のもとへピアノを送り届けてきました。

      ご紹介したC3A、
      当店1階にて展示中です♪
      2017/12/09(土) 12:08 ピアノ PERMALINK COM(0)
        こんにちは。

        井関楽器札幌ショールームの永沼絵里香です。
        11月より2階事務所の隅っこにて勤務しております…!
        皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

        さて、実はわたくし、
        札幌を中心にピアノ弾きとしても活動しております。

        この度お店では、
        「アートプランナー」
        という立場でお仕事をしていくこととなりました。

        その名の通り、
        芸術的な観点から、アイディアをご提供するお仕事……
        言葉にするのは難しいのですが、

        一人でも多くの方々へ、
        素敵な楽器や、素晴らしい音楽との出会いのきっかけをご提供できればと思っております。

        永沼
        (3階スタインウェイスタジオにて)

        20年以上ピアノと触れ合ってきた私ですが、こちらのショールームで過ごす中、
        ピアノや音楽に関して新しい発見がいっぱいありました!
        日々の発見やお店のピアノのことなどなど、こちらのブログで少しずつご紹介していきたいと思っております。
        お付き合い頂けますと幸いです♪

        早速ですが、
        当店1階に展示中のこちら!
        プレイエル⑤

        プレイエル。


        フランスのピアノメーカー・プレイエル社のピアノ。
        ショパンが愛用したピアノとしても知られるピアノです。

        100年ほど前に製造されたもので、
        モデルは3bis、奥行は165㎝です。
        外装も綺麗で、譜面台も素敵です。

        この鍵盤、
        プレイエル

        おわかりになりますか?
        現在のグランドピアノの主流は88鍵なのですが、
        このピアノは85鍵!
        上の鍵盤が3つ少ないのです。

        そしてこちら、
        プレイエル④
        譜面台のサイド。
        昔はろうそくを立てる役割を果たしていた部分なのですが、
        現在は主に楽譜置きになっているところ。

        ここにろうそくを置くことを想定して、
        手前にスライドできるんです。

        肝心の音色。
        ふわっと香るような響き、
        そして美しい音色です。
        決して大きな音量は出ませんが、繊細な表現によく答えてくれます。

        もっともっと練習して素敵に奏でてあげたくなります。
        プレイエル③

        プレイエル社は1807年創業で200年以上の歴史があるメーカーです。
        残念ながら2013年に製造中止となり、現在は在庫品のみの販売です。
        日本での販売台数も少なく、なかなかお目にかかれない楽器です。

        現在展示中のプレイエル、
        試弾も可能ですので、この機会に皆様是非ご来店ください!
        お待ち申し上げております♪
        2017/11/30(木) 18:55 ピアノ PERMALINK COM(0)