スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
    5月15日(日)井関楽器スタインウェイスタジオで、「ミニコンサート in Steinway Studio Vol.42」を開催しました。
    051501
    今月は札幌交響楽団ヴァイオリン奏者の佐藤郁子さんとピアニストの新堀聡子さんとの共演です。
    佐藤さんは一昨年12月につづき2度目の出演となりました。
    今回のプログラムは、フランスを代表する作曲者、ドビュツシーとサン・サーンスの作品です。
    サン・サーンスは印象主義という新しい音楽を代表する若きドビュッシーを保守的な立場で批判していた作曲家とのことです。フランス近代音楽に存在した2つの異なる作風を味わえるコンサートとなりました。
    051502
    ドビュッシーのゴリウォークのケークウォークは元々ピアノ組曲「子供の領分」の1曲で、ドビュッシーの子供のために書かれた曲。
    二人の奏でるケークウォークは、とても明るくリズミカルで聴いているお客様も楽しそうです。
    051503
    続いて、サン・サーンスのハバネラ。サン・サーンスは2歳でピアノを弾き、3歳で作曲をし、13歳には大学に入学したそうです。
    ハバネラはキューバの民族舞曲。佐藤さんのヴァイオリンは、ビゼーのカルメンにもあるハバネラの独特なリズムにのり、メロディーを美しく歌い、そしてヴァイオリンのもう一つの魅力でもある超絶な技巧も楽しませてくれました。
    051504
    ドビュッシーの牧神の午後への前奏曲。世がドビュッシーの才能を認めた代表作。
    二人のヴァイオリンとピアノの共演で神話の中の自由で幻想的な情景を想わせてくれました。二人がまるでニンフのようです。
    051505
    来場されたお客様に、曲にまつわるお話をする佐藤さん。
    051506
    ドビュッシー晩年の作品、ヴァイオリンソナタ。ヴァイオリンとピアノとの関係もこれまでの作曲家にないドビュッシーならではの作風。フランス印象派の魅力を充分に感じることができました。
    051507
    たくさんの方々のご来場、応援ありがとうございました。
    次回のミニコンサートは
    6月19日(日)、札幌交響楽団首席フルート奏者の高橋聖純さんを共演者にお招きします。お楽しみに!

    今後のミニコンサートの予定、チケット購入などについて

    ◆ピアニスト新堀聡子コンサート情報◆ 
      4月10日(日)井関楽器スタインウェイスタジオで、「ミニコンサート in Steinway Studio Vol.41」を開催しました。
      041001
      今月は元札幌交響楽団コンサートマスターの市川映子さんとピアニストの新堀聡子さんとの共演です。
      041002
      今回市川さんがご用意いただいたプログラムは、数あるヴァイオリン曲の中で市川さんが「素敵だ」と思う曲とのこと。
      まずは季節にちなんで、春っぽい曲から、エルガーの愛のあいさつとシューマンのロマンス。
      041003
      愛のあいさつはエルガーが結婚記念に奥様へ作曲した曲。そしてロマンスはシューマンが奥様へのクリスマスプレゼントとして作曲されたそうです。市川さんは「このように愛されたら幸せですね」と来場されたお客様に話されていました。
      041004
      ドヴォルザークのソナチネはソナチネなのに20分もの演奏時間の曲で、3年間のアメリカ滞在時に作曲した曲。ドヴォルザークは祖国(チェコ)を愛していた人で、アメリカの黒人霊歌、民族音楽と祖国ボヘミア音楽の相似を感じながら、この曲や弦楽四重奏曲で有名な「アメリカ」を作曲したとのことです。新堀さんは今回初めて演奏するとのこと。市川さんは「とてもひたしみやすい曲ですよ」と話されていました。
      041005
      4楽章からなる大曲。共演者のふたりはかけあいなど、アンサンブルの魅力を充分に楽しませてくれました。
      041006
      パラディスのシシリアーノ。パラディスは盲目の女性ピアニスト。シシリアーノはゆったりとした8分の6拍子の舞曲で「パーンパ、パーンパ」というピアノのリズムに合せて、市川さんは哀愁たっぷりにヴァイオリンを奏でられました。
      041007
      グラズノフの瞑想曲。瞑想曲といえば、マスネのタイスの瞑想曲が想い浮かびますが、グラズノフの瞑想曲はマスネのようにオペラの中の一曲ではなく、最初からヴァイオリンとピアノのために作曲された曲だそうです。
      高音のヴァイオリンとピアノによる瞑想曲はとても心穏やかな気分になります。
      041008
      最後は有名なモンティのチャルダッシュ。チャルダッシュは酒場風にと言う意味。ふたりの共演は今回が初めてとのことですが、息をぴったり合わせながらも、酒場のようなきままな雰囲気も楽しませてくれました。
      041009
      たくさんの方々のご来場、応援ありがとうございました。
      次回のミニコンサートは
      5月15日(日)、札幌交響楽団ヴァイオリン奏者の佐藤郁子さんを共演者にお招きします。お楽しみに!!

      今後のミニコンサートの予定、チケット購入などについて

      ピアニスト新堀聡子コンサート情報◆ 
        3月20日(日)井関楽器スタインウェイスタジオで、「ミニコンサート in Steinway Studio Vol.40」を開催しました。
        今月はソプラノ歌手の佐々木アンリさんとピアニストの新堀聡子さんとの共演です。
        032001
        1曲目のメンデルスゾーンの「歌を翼に」は歌に馴染みのない方もどこかで耳にしたことがあるとても有名なドイツ歌曲。佐々木さんはピアノのアルペジオにのり優雅に、そしてしっとりと歌われていました。
        続いて、シューマンのミルテの花より「献呈」「くるみの木」、26曲の連作歌曲から今回はこの2曲を抜粋してくださいました。
        032003
        同じドイツロマン派歌曲でもシューマンはメンデルスゾーンとは違う作風とのことです。
        032002
        もうひとりのドイツロマン派を代表する作曲家シューベルト、歌曲の他にピアノ曲もいっぱい作曲したそうです。後半プログラムのシューベルトに先立ち、新堀さんが即興曲144-2を演奏。
        032004
        途中のトークでは、ふたりが住んでいた、ライプツィッヒ、ヴュルツブルグの話。
        ドイツ料理、風土、習慣、そして佐々木さんがドイツを留学先に選んだ理由にいたるまで、興味深い内容でお越しいただいたお客さんを楽しませてくれました。
        032005
        ライプツィッヒのトーマス教会で聴く聖歌隊の歌は聴くだけで、ドイツ歌曲の悲しい響の勉強をすることができるとのことでした。
        032006
        シューベルトの「春の信仰」「小人」
        ドイツの冬はどんよりとしていて、「春は喜び太陽を楽しむ」という歌詞があるほど、春を心待ちにしているそうです。
        032007
        032008
        フォーレの「夢のあとに」
        「フランス語の歌詞は雰囲気が違いますね」とお客さんにお話されていました。
        歌詞はとても切ない内容。
        032009
        同じくフランスの作曲家プーランクの「愛の小径」
        この曲も歌詞が切ない内容。佐々木さんは「みなさんもそう言った経験がありますでしょうか」とお話されていました。
        032010
        たくさんの方々のご来場、応援ありがとうございました。
        次回のミニコンサートは4月10日(日)、元札幌交響楽団コンサートマスターの市川映子さん(ヴァイオリン)を共演者にお招きします。お楽しみに!!

        今後のミニコンサートの予定、チケット購入などについて

        ピアニスト新堀聡子コンサート情報◆ 

          2月21日(日)井関楽器スタインウェイスタジオで、「ミニコンサート in Steinway Studio Vol.39」を開催しました。
          022101
          「3人のチェロシリーズ」第3弾とのなる今月は札幌交響楽団チェロ奏者の坪田亮さんとピアニストの新堀聡子さんとの共演です。
          022105
          いろいろな楽器で演奏され、さまざまなシーンで耳馴染みな、J.S.バッハのアリオーソ。アリオーソは歌うようにという意味で、もともとはチェンバロのために作曲(協奏曲第5番第2楽章アリオーソ)されたそうです。
          坪田さんの奏でるチェロのアリオーソは中音ならではの落ち着いた雰囲気を感じ会場のお客様も心地よさそうです。
          022103
          ヴィヴァルディのチェロソナタ第5番ホ短調。ヴィヴァルディはヴァイオリニストでもあり、協奏曲だけでも500曲以上作曲しているとのこと。
          今回はオールバロックプログラムということもあり、当時の鍵盤楽器とは異なる現代ピアノによる通奏低音とチェロの共演は興味深いです。
          022101
          ヴィヴァルディの生涯や時代背景をトークする坪田さん。
          022102
          J.Sバッハのヴィオラ・ダ・ガンバソナタ第3番ト短調。
          ガンバは脚という意味で脚で支えるヴィオラという意味だとのこと。大きな音が出る楽器ではありませんが、宮廷は響くので大きな音は必要なく、また低音から高音まで音が出て比較的何でもできる楽器として当時は重宝されたそうです。
          022104
          ヴィヴァルディとは対照的に鍵盤楽器の名手であり多くの鍵盤楽器曲を残したバッハの作風を味わえ楽しいプログラムです。ふたりの共演はバッハならではのバロックの魅力で会場を盛り上げてくれました。
          022106

          たくさんの方々のご来場、応援ありがとうございました。


           ◆今後のミニコンサートの予定、チケット購入などについて◆ 

           ◆ピアニスト新堀聡子コンサート情報◆ 
            1月24日(日)井関楽器スタインウェイスタジオで、「ミニコンサート in Steinway Studio Vol.38」を開催しました。
            012401
            今月は札幌交響楽団チェロ奏者の廣狩理栄さんとピアニストの新堀聡子さんとの共演です。
            012402
            最初の曲は、イタリア初期バロック時代の作曲家フレスコバルディのトッカータ。廣狩さんご自身がとても好きな曲とのこと。ふたりが創りだすバロック音楽の世界は、会場をまるでオルガンのある大聖堂にいるかのような雰囲気にしていきます。
            012403
            ベートーヴェン チェロソナタ第5番。約20分の全楽章演奏です。ときおり目をつぶり、うつむきながらチェロを奏でる廣狩さん。そのご様子からも素敵な音楽が伝わってきます。二人の共演は、終楽章のフーガも魅力たっぷり!!
            012405
            「ベートーヴェンは誰にも馴染みがあり、出会いは人それぞれでないかと思いますが」と会場のお客様に語りかける廣狩さん。(ちなみに、廣狩さんにとっては学生時代弾いたピアノソナタだとか)
            012404
            カサドの親愛の言葉。
            チェリスト、カサドの作曲した曲の中で1番有名な曲とのこと。「親愛の言葉」は師匠カザルスに宛てたもの。スパニッシュでとても情熱的。チェロならでの技巧で、会場を盛り上げます。
            012406
            アンコールはフォーレのロマンス。ふたりのかけあいはとてもロマンチック。
            012407
            「3人のチェロシリーズ」第2弾とのなる今回も多彩なプログラムでお楽しみいただきました。

            たくさんの方々のご来場、応援ありがとうございました。
            次回のミニコンサートは2月21日(日)、札幌交響楽団チェロ奏者の坪田亮さんを共演者にお招きします。お楽しみに!!

            ◆今後のミニコンサートの予定、チケット購入などについて コチラをご閲覧ください。◆

            ◆ピアニスト新堀聡子コンサート情報は コチラ◆ 
              12月13日(日)井関楽器スタインウェイスタジオで、「ミニコンサート in Steinway Studio Vol.37」を開催しました。
              121301
              今月は札幌交響楽団チェロ奏者の武田芽衣さんとピアニストの新堀聡子さんとの共演です。今回は、1昨年12月に続き2度目の共演となりました。
              プログラムとして武田さんがご用意くださったのは、「わかりやすい」小曲を中心としたチェロとピアノの名曲集。
              121302
              最初のトークで「みなさん、お久しぶりです♪」とご来場くださったお客様に話かける武田さん。
              121303
              ベートーヴェン チェロソナタ第3番の第1楽章、ベートーヴェンが作曲した5曲のチェロソナタの中でも人気のある曲のひとつ。曲の冒頭は武田さんのチェロソロではじまります。
              武田さんのお話によりますと、ピアノの役割も重要で興味深い曲とのことです。
              121304
              シューマンのトロイメライと幻想小曲集から第1曲と第2曲。
              トロイメライは心静かに、武田さんの奏でる優しく穏やかなチェロにご来場になったお客様も自然と目が閉じます。幻想小曲集はシューマンならではのロマンを感じる小品。
              チェロとピアノのかけあいは、会場を夢の世界に引き込みます。
              121305
              後半は、フランスの作曲家、フォーレの夢のあとにとエレジー
              どちらも、ミニコンサートでお馴染みの曲。

              ふたりの共演は、どの曲も緩急のある、ダイナミックな音楽で楽しませてくれました。


              たくさんの方々のご来場、応援ありがとうございました。
              次回のミニコンサートは1月24日(日)、札幌交響楽団チェロ奏者の廣狩理栄さんを共演者にお招きします。お楽しみに!!

              今年一年ミニコンサートにご来場いただき誠にありがとうございました。
              このコンサートシリーズは、休日のひと時、クラシックを気軽に楽しんで
              いただきたいという思いから始まりました。アットホームな雰囲気でありながらも
              毎回素晴らしい演奏家をゲストに迎え、充実した内容のコンサートを目指して
              おります。来年も皆様のお越しを心よりお待ちしております。

              2016年が皆様にとって素晴らしい一年となりますようお祈り申し上げます。

                   新堀 聡子 ミニコンサート実行委員会


              ◆ミニコンサートチケット購入などについて コチラをご閲覧ください。◆

              ◆ピアニスト新堀聡子コンサート情報は コチラ◆ 

              スポンサードリンク


              この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
              コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
              また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。