こんにちは。
    井関楽器札幌ショールームの永沼です。

    12月も半ば、ぐっと冷え込んで、
    風邪やインフルエンザが猛威を振るっていますね…

    私は風邪対策として、
    しっかりと睡眠をとることと、白湯を飲んでおります!
    白湯は身体がとても温まるので、おススメです。

    さて、今回もピアノをご紹介したいと思います♪

    STEINWAY&SONSのO-180。
    S1
                        (地下1階に展示中)
    明るい木の色で、印象もぱっと明るくなります。

    スタインウェイ&サンズの歴史は、
    ドイツの家具職人兼ピアノ職人であった、
    ハインリッヒ・エンゲルハート・シュタインヴェグが、
    1836年、自宅キッチンで息子たちと一緒にピアノを製造したことから始まりました。

    その最初に作られたピアノは、「キッチン・ピアノ」と呼ばれ、
    最古のスタインウェイピアノとされています。
    S3
              (キッチンピアノの復元品。 STEINWAY&SONS社HPより)

    1850年にドイツからアメリカへと渡ったハインリッヒは、
    1853年に「STEINWAY&SONS」を創業、ニューヨークの工場で生産を始めました。
    そして、その後1880年にドイツ・ハンブルクにも工場を設立しました。
    S2

    今回ご紹介するピアノは、
    1984年にハンブルク工場で製造されたピアノです。

    丸みのある、暖かい音色で、
    弾いていて心地よいです。
    S4
    寒い日が続いておりますが…
    このピアノで心温まる音楽を奏でたいです♪
    2017/12/15(金) 16:07 ピアノ PERMALINK COM(0)

    TRACKBACK