スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
    「万物が息づく春、命のダンス」
    [プログラム]
    ヘンデル:メヌエット ト短調(ピアノ編曲 W.ケンプ)
    J.Sバッハ:フランス組曲 ハ短調 BWV813
    ショパン:ポロネーズ第1番 Op.26-1
    モンポウ:歌と踊り第6番
    ファリャ:粉屋の踊り


    春という季節は、どんな曲を思い浮かべますか?
    北海道では雪がとけ、暖かくなるという季節。ヴィヴァルディの四季、ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ等など春に聴きたい名曲は沢山ありますよね♬春は人それぞれさまざまな感じ方があるかと思います。
    4221
    ピアニストの影山裕子さんは、今回、大きなサイズのスタインウェイピアノ(フルコンサートモデル)を奏でることをイメージしながら、春を二つのテーマに絞られました。
    それは、よみがえる季節という特徴にちなんで「舞曲」 そして、春のもう一つの側面、「憂い」

    プログラムは、バロック時代からロマン派、近代へと歴史をたどり、前半は、ヘンデルの悲しさを湛えた大変美しいメヌエット、精緻な美しさを感じさせる、バッハのフランス組曲。
    作曲された当時は存在しなかった現代ピアノで奏でる美しい音色。考えさせられますね!!

    後半のショパンのポロネーズでは、フルコンサートピアノならではの低音弦が長く、響板が大きなピアノの魅力を存分に感じさせてもらいました。モンポウの粉屋の踊りでは、「春の憂い」と「舞曲」の両方の側面から情緒を感じ、ファリャの三角帽子は、オーケストラからピアノに編曲した曲で、技巧的でダイナミックなピアノを楽しませてもらいました。
    当日お客様にお配りしたプログラムには、影山さんのご好意でとても内容充実の素敵な解説の掲載も・・・。この解説を見ていただければ、コンサート中には語りきれない、「万物が息づく春、命のダンス」をさらに熟知していただけたかと思います!!!

    次回、夏は、7/8(土) 「夏の日差しにきらめく水辺」
    みなさんに会場でお会いできるの楽しみしてます!!
    4223
    会場(井関楽器スタインウェイスタジオ)のスタインウェイピアノ D-274とすっかりお友達になっていただいた影山さん。ありがとうございました!!夏もよろしくお願いします!!
    4222


    【ご案内】
    井関楽器では、各モデル(サイズ)のスタインウェイピアノをごゆっくりご試弾いただくことが可能です。ご興味がある方はお問い合わせ下さいませ。


    スポンサードリンク


    この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
    コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
    また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

    TRACKBACK