スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。
    7月8日スタインウェイスタジオでピアニスト影山裕子さんの四季のコンサートシリーズからスタインウェイピアノが描く四季Vol.2 「夏の日差しにきらめく水辺」を開催しました。
    07091
    当日は札幌も夏らしく30度を超える猛暑でしたが、大勢のお客様にご来場いただき、涼しげな水にまつわる曲をお楽しみいただきました。
    【プログラム】
    ショパンの《舟歌》
    チャイコフスキー《舟歌》
    フォーレの《舟歌》
    ドビュッシー《水の反映》
    ラヴェルの《水の戯れ》


    ♪♪♪当日のトークから少しだけ♪♪♪

    ゆったりとした8分の6拍子の舟歌、しかしチャイコフスキーだけ4分の4拍子。その理由は...

    同じ近代フランスの作曲家でも、水に反射した光の輝きと揺らめきを表現したドビュッシーと水そのものに焦点をあてた、ラヴェル。
    07092


    興味深く比較しながらの楽しめました!!

    Vol.3秋のコンサートは11/11
    ~霧と柔らかな実りの季節~と銘打ちます。
    お楽しに!!
    スポンサードリンク


    この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
    コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
    また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

    COMMENT FORM

    以下のフォームからコメントを投稿してください

    TRACKBACK

    TRACKBACK URL