こんにちは。
    井関楽器札幌ショールームの永沼です。

    秋も深まり、
    いよいよ冬の気配を感じる今日この頃。

    食欲も深まり…
    ハロウィン
    芸術も深まり…
    弦コンステージ
    11月1日、井関楽器3Fスタジオにて
    「弦楽器コンテスト」が開催されました!

    ご参加いただきました皆様、
    ありがとうございました!

    道内のアマチュア弦楽器奏者を対象に
    開催された当コンテストですが、
    無伴奏ソロやピアノ伴奏とのアンサンブル、
    デュオや弦楽四重奏まで、
    幅広い曲目でご参加頂きました♪

    昨今の情勢を鑑みて、
    会場スペースの都合もあり
    残念ながら非公開での審査でしたが、
    私は審査会場でステマネを担当したので、
    参加者皆様の演奏に耳を傾けることができました。

    参加者は10代の高校生から、社会人、シルバー世代まで、
    道内各地からお集まりいただきました!
    このコンテストでは当日を迎える前に、
    参加者の皆様に会場での無料練習時間をご用意していたので、
    本番日前にお目にかかることができた方もいたのですが、

    学校終わりや仕事帰りに練習にかけつけた方たち、
    お仲間と楽しそうにリハーサルをされていた方、
    ご家族といらっしゃった方など、
    そんな風景を思い出しながら当日の演奏を聴いていると、
    皆様が日々の生活の中で音楽を楽しまれていること、
    音楽をとっても大切にされていることが伝わってきて、
    胸が熱くなりました。

    一組一組の個性あふれる熱演、
    想いの込められた音楽が心の奥まで響き、
    言葉にしなくても伝わる「音楽」って
    素敵だなぁと思いました♪

    結果発表の前には審査員の先生方よりご講評を頂きました。
    全体講評
    審査員長の阿部博光先生(北海道教育大学名誉教授・HBCジュニアオーケストラ常任指揮者)からは、
    音楽についての総合的な内容で全体講評を頂き、
    岡部亜希子先生(札幌交響楽団ヴァイオリン奏者)、
    武田芽衣先生(札幌交響楽団チェロ奏者)からは、
    それぞれ演奏楽器の専門的な観点からコメントを頂きました。
    阿部先生からは、「参加者全員に賞を贈りたい」という心温まるお言葉もあり、
    3名の先生方から、今後の音楽との向き合い方、勉強の仕方を考えさせられる
    大切なお話を聞かせて頂きました。

    今回受賞した皆様に、
    少しだけお話をお伺いしました♪

    第1位を受賞されたのは、
    島田陽二朗さん。
    島田さん
    (審査員長の阿部先生のお計らいで、記念撮影のみマスクを外して行わせて頂きました)

    参加のきっかけは、
    現在師事している先生からのお誘いだったそうです。
    ご自身お気に入りの作品という
    J.S.バッハの無伴奏チェロ組曲を選曲され、
    当日はご納得の演奏ができたそうで、
    受賞の喜びを笑顔で聞かせてくださいました!
    島田さんインタビュー
    バッハの奥深い世界観を、
    とても美しく表現されていたのが印象的でした。

    続いては特別賞を受賞された、
    メソッド・コンビ(玉井佑一良さん、渡辺咲さん)。
    メソッド
    演奏曲はルクレールの2つのヴァイオリンのためのソナタ。
    同じヴァイオリン教室に通っていた幼馴染というお二人、
    息ぴったりの演奏をご披露くださいました!
    まるで音楽で会話をしているかのような、
    美しい音色の重なりでした。

    同じく特別賞を受賞された
    丹治重久さん。
    丹治さん
    本番までの最後の一ヵ月間、
    特に一生懸命練習に励んでいらっしゃったそうで、
    終わってほっとしたという丹治さん。
    このような審査会への参加は初めてだったそうですが、
    ステージでは堂々とした立ち振る舞いで、
    イグデスマンのフラメンコ幻想曲を熱演くださいました!

    受賞された皆様、
    おめでとうございます!!

    最後に…
    ご参加くださった皆様へ、

    まだまだ皆様のご様子を書き綴っていきたいところでは
    ありますがブログではこの辺で…

    またお会いできる日を楽しみにしております!
    (参加賞のご利用もお待ちしております♪笑)


    最後までお読み頂きありがとうございました!
    2020/11/03(火) 18:36 ピアノ PERMALINK COM(0)
      こんにちは。
      井関楽器札幌ショールームの永沼です。

      今日は急な雨もありましたが、
      秋晴れの一日でした♪

      ゆっくり芸術にひたる芸術の秋、
      ピアノ楽譜
      そして食欲の秋…!
      クッキー

      さて、
      ピアノを弾く時に必要なもの。
      それは、ピアノと
      「ピアノ椅子」。
      ピアノと椅子
      私事ですが、
      昨年末頃、自宅で練習をしていて、
      ふと気づいてしまったことがあります。

      「このピアノ椅子、
      何年使ってきただろう…苦笑」

      まだまだ現役で使えそうであったものの、
      以前からきしみ音や、
      長時間座った時の疲れが気になっており、
      新調することを決意しました!

      一口にピアノ椅子といっても、
      かなりたくさんの種類があります。
      お値段も様々…
      でも、せっかく新調するなら長く愛用できるものをと、
      思い切ってこちらを購入しました!
      ボタン
      ドイツ・アンデクシンガー社製ピアノベンチ484SN-Heft-01A。

      憧れのレバー・ガス圧調整式、
      憧れの本革張り!

      見た目の高級感はもちろんですが、
      座ってみると、
      シートの風合いや、
      クッション感も私にとっては絶妙で、
      自然と良い姿勢を保てます。

      正直、自宅用のピアノ椅子は、
      高さが調整できれば
      どれでも良いかなーと思っていたのですが、
      この椅子に出会って、
      座り心地の良さに感動しています♪

      アンデクシンガー社のベンチは、
      たくさんのピアニストの意見をヒアリングし、
      長時間の使用でも疲れにくい設計を
      研究して生み出されたベンチです。
      クッションの固さや、
      種類によっては座面の角度まで、
      細部にわたって追求されています。
      ロゴ
      先日はついに、
      本番にも持ち込んでみました。
      キタラ
      当日担当の舞台さんも、お仕事柄ピアノ椅子についてとてもお詳しく、
      私のアンデクシンガーにお気づきになり、
      一緒にアンデクシンガー談義で盛り上がりました♪

      実は海外のコンサートホールでも使用されることが多く、
      「ショパン国際ピアノコンクール」でも使用されていました!

      肝心の本番では、
      日頃から使っていることもありますが、
      やはり安定感があり、
      安心して演奏に集中できました!

      あと、個人的にはスタイリッシュな見た目も
      気に入ってます。
      真横

      井関楽器札幌ショールームには現在、
      484SN-01A(ベーシック)
      ベーシック
      484SN-Heft-01A(ヘフト・ボタン留)
      ボタン
      を展示中です。
      詳細は井関楽器HPを是非ご覧ください♪

      http://www.iseki-gakki.co.jp/
      2020/09/20(日) 18:07 ピアノ PERMALINK COM(0)
        こんにちは。
        井関楽器札幌ショールームの永沼です。

        本日からシルバーウィークが始まります!
        初日はぽかぽか陽気、
        皆様はいかがお過ごしでしょうか♪

        ようやく過ごしやすい季節となり、
        日々の楽器の練習もはかどります!
        きらきら
        夏のコンクールがひと段落し、
        次のコンクールや本番へ向けて準備を始めている方も
        多いのではないでしょうか♪

        井関楽器札幌ショールームでは、
        コンクールにチャレンジする小学生応援企画として

        【◆コンクールにチャレンジ!応援企画2020◆】
        応援企画
        を開催中です!

        井関楽器札幌3Fスタインウェイスタジオの
        フルコンサートグランドピアノD-274を、
        コンクールにチャレンジする小学生を対象に
        ご優待価格でご利用頂けます。
        スタインウェイ
        ピアノ弾きは宿命として、
        自分の楽器は持ち運べず、
        当日本番会場にあるピアノを
        演奏しなくてはなりません。

        私は小学生の頃から、
        レッスンや自宅などで
        グランドピアノを弾くことのできる
        環境にあったものの、

        コンクール会場やコンサートホールは
        いつものお部屋より広いし、
        演奏するピアノは
        いつも弾いているピアノよりずっと大きい…!!

        いざ弾いてみるととっても響いたり、
        音が大きく感じたり、その逆だったり…

        練習通り弾いてるつもりだけれど、
        なんだかいつもと違う…

        と感じてしまうこともしばしば、
        正直今でもあります。

        本番当日はただでさえ緊張している状態なので、
        せっかく練習してきた成果を惜しみなく発揮できるよう、
        事前に本番のイメージで練習ができると安心です♪
        スタジオ
        10月31日迄の開催期間中、
        何度でもご利用頂けます。(1回につき60分迄)

        さらに、
        期間中3回以上ご利用いただいた方には、
        『スタジオ30分無料特別試弾券』
        をプレゼントしております♪

        この機会にぜひご利用ください!

        井関楽器札幌ショールームでは、
        「芸術の秋ピアノフェア」
        芸術の秋表
        芸術の秋裏
        を開催中です。

        そして!!
        シルバーウィーク限定で、
        「目玉ピアノ!!」も登場です!!
        目玉商品
        詳細は井関楽器ホームページをご覧ください。
        http://www.iseki-gakki.co.jp/

        ご来店お待ちしております!
        2020/09/19(土) 17:53 ピアノ PERMALINK COM(0)
          こんにちは。
          井関楽器札幌ショールームの永沼です。

          あ、あついですね…
          ちょうど一年前訪れた鍾乳洞は
          涼しかったなー…
          鍾乳洞
          と思い出して、涼んでいます。

          本日9月8日は、
          作曲家・ドヴォルザークの誕生日です。

          ドヴォルザークはチェコの作曲家。
          プラハ
          数々の名曲を残しており、
          スラブ舞曲や、
          交響曲第9番「新世界より」が特に有名です。
          新世界
          私のお気に入り作品は
          「森の静けさ」
          森の静けさ
          もともとはピアノ連弾用に書かれた
          「ボヘミアの森から」
          という曲集の第5曲です。

          作曲者本人によって
          チェロとピアノの室内楽版と、
          チェロと管弦楽のための作品
          に編曲されており、
          旋律をチェロが奏でるのですが、
          その美しい世界に一瞬で引き込まれます…!
          ピアノチェロ
          弦楽器ならではの、
          長い音や半音階の移ろいがとても美しいです。
          ピアノでもそういう表現が
          できるようになりたいです…!

          さて井関楽器札幌ショールームでは、
          『芸術の秋ピアノフェア』
          芸術の秋表
          芸術の秋裏
          を開催中です!

          小型のアップライトピアノから、
          グランドピアノまで、
          続々入荷してまいりました!

          そして今週末9月12・13日には、
          2日間限りの
          目玉ピアノが…!!

          詳細は井関楽器ホームページをご覧ください♪

          http://www.iseki-gakki.co.jp/

          皆様のご来店をお待ちしております!
          2020/09/08(火) 15:54 ピアノ PERMALINK COM(0)
            こんにちは。
            井関楽器札幌ショールームの永沼です。

            暑くなったり涼しくなったりの繰り返し、
            そして北国らしからぬ残暑…

            なんとなく体力を消耗してしまう日々ですが、
            お菓子3
            可愛いお菓子たちや、
            トマト
            アイス
            美食からパワーをもらって
            日々耐えております♪

            この季節にふと聴きたくなるのが、
            ペトロフ
            ボサノヴァ。

            ボサノヴァは、ブラジルで生まれた音楽ジャンルです。
            ボサは「新しい」、
            ノヴァは「隆起、出っ張り」という意味を持ちます。
            ブラジルでは「サンバ」が有名ですが、
            ボサノヴァは、サンバのリズムと、
            ジャズやクラシックのハーモニーの感覚を
            ミックスして作られた、
            「新しい感覚の音楽」として誕生したそうです。
            イパネマ
            写真は「イパネマの娘」というボサノヴァの名曲。
            こちらはピアノ独奏譜ですが、
            実際はベースやパーカッションなどによる演奏に、
            歌が入ります。
            優しく、ささやくように歌う
            「ウィスパー・ボイス」
            で歌われるメロディー。
            癒しのひとときを与えてくれる作品です。
            是非聴いてみてください♪

            さて、井関楽器札幌では11月1日(日)、
            道内のアマチュア弦楽器奏者の皆様を対象に、
            弦楽器コンテスト
            「弦楽器コンテスト」を開催いたします!

            審査員には、
            阿部博光先生、岡部亜希子先生、武田芽衣先生
            をお迎えし、
            審査員
            参加者の皆様全員に、
            審査員の先生方による個別講評と、
            参加賞(井関楽器お買い物券1万円分)がございます!

            コンテストやコンクールでは、
            もちろん審査結果も気になりますが、
            審査員の先生から、
            自分の本番の演奏に対して
            直接コメントやアドバイスを
            頂ける絶好のチャンスです。
            私は、子供の頃から今までコンクールで頂いた講評を
            今でも大事にとってあり、時々読み返しています♪
            コンクール後いつも、
            どきどきしながら封筒の中から先生方の直筆講評を出して、
            読んだことを覚えています…!

            個別講評のないコンクールに参加した時には、
            先生方を待ち伏せして、
            迷惑と承知しつつも講評を頂いたこともありました…!

            日頃自分だけでは気づかなかった点(長所短所両方!)
            に気づかせて頂いたり、
            先生方の的確なアドバイスは、
            今後の勉強の励みになります!
            弦楽器コンテスト概要
            演奏曲や楽器編成(最大4名)は自由、
            ソロはもちろん、
            ご家族やお仲間とのアンサンブルでもご参加頂けます♪
            コンテスト詳細は、チラシまたは井関楽器ホームページをご覧ください。

            是非皆様のご応募お待ちしております!
            2020/09/06(日) 17:13 ピアノ PERMALINK COM(0)
              こんにちは。
              井関楽器札幌ショールームの永沼です。

              最近頂いたお菓子に可愛い共通点が…!
              うさぎ
              うさぎケーキ
              うさぎがたくさん♪
              かわいい見た目に癒されながら、
              美味しく頂戴しました。

              大の甘党である私ですが、
              お菓子好きにはたまらない曲集がこちら、
              湯山
              湯山昭先生の「お菓子の世界」。

              全26曲から成るこの曲集には、
              バウムクーヘン、シュークリーム、
              プリン、クッキーなどが登場、
              関さんクッキー
              そして、柿の種や甘納豆などもあります。
              タイトルの通りそれぞれ
              ふわふわした曲だったり、
              和風の曲だったり…

              さらに、
              「むしば」や
              「どうしてふとるのかしら」
              という間奏曲も入っています!
              ちなみに後者はブルース風となっております。

              お菓子の世界を
              ユーモアに書き上げた作品たち、
              子供はもちろん
              大人も楽しめる素敵な曲集です♪
              是非聴いてみてください!
              永沼
              想像しながら弾くと、
              おなかが空いてきます…

              さて、井関楽器札幌ショールームでは
              「夏の家族団らん応援ピアノフェア」
              を開催中です!

              →フェアチラシはこちら(井関楽器HP)
              チラシ表
              家族団らん
              また、
              6月27,28日には、
              「弦楽器展示会2020」
              を開催いたします!
              当日は50本以上の弦楽器が並びます!
              弓もたくさん展示予定です。
              詳細はチラシまたは特設ページ(井関楽器HP)をご覧ください。
              弦フェア表
              弦フェア裏

              最近店頭に、
              うさぎポスター
              キュートなうさぎたちを、
              登場させてみました!
              皆様のご来店をお待ちしております♪
              2020/06/14(日) 17:04 ピアノ PERMALINK COM(0)