こんにちは。
    井関楽器札幌ショールームの永沼です。

    すっかり冬の景色となりました。
    そして…
    いちご大福
    いちご大福を見ると冬の訪れを感じます。

    雪が舞う季節になると思い出す曲は、
    ヤマハ雪は踊ってる
    ドビュッシー作曲、
    子供の領分より「雪は踊っている」。

    リズムや音使いで、
    雪の表情を表しています。
    雪踊り
    もはや、譜面の音符も雪のようです。

    ピアノから鳴る響きのバランスをよく聴きながら、
    雪楽譜
    作品のイメージに向かって練習してみると、
    気が付くことがたくさんあります。

    ペダルの踏み方に気を付けないと、
    みぞれみたいになってしまったり、
    タッチが強すぎると、
    あられみたいになってしまう…

    (ちなみに、無表情にかっちり弾くと、
    「宇宙と交信してるみたい」と言われました…)

    少しだけタッチや、
    弾き方を変えてみるだけで、
    ピアノの音色はがらっと変わります♪

    最後に、
    井関楽器札幌では
    「クリスマスピアノフェア」を開催中です!
    クリスマスフェア
    是非ご来店をお待ちしております♪
    2019/12/03(火) 03:55 ピアノ PERMALINK COM(0)