こんにちは。
    井関楽器札幌ショールームの永沼です。

    少しずつ暖かくなり、
    春の訪れを感じる今日この頃…
    桜
    ※写真は2019年の桜です。

    桜ももうすぐかなーと思うと、
    心が躍ります♪

    さて、井関楽器札幌ショールームでは
    『春の祭典ピアノフェア』を開催中です!
    春の祭典表
    そして、
    フェア特別企画として
    【おうちで一緒にピアノを弾いてみよう♪~G線上のアリア~】
    特設ページを公開中です!
    FlPf演奏中
    バッハの名曲として広く知られている「G線上のアリア」。
    G線
    その美しい旋律は、たくさんの人々を魅了しています。
    私もその一人で、とても好きな作品です!
    管弦楽組曲第3番ニ長調 の第2曲「Air」(※Air=エール、アリアの意)
    として書かれたこの作品。

    実は、『G線上のアリア』とは、
    バッハが付けた題名ではありません。
    ヴァイオリニストのアウグスト・ウィルヘルミが、
    もともとは管弦楽のための作品だったこのアリアを、
    ヴァイオリンとピアノ伴奏用に編曲したものの通称なのです。
    なぜこのような名前が付いたかというと、
    ウィルヘルミの編曲は、原曲のニ長調からハ長調へと移調してあり、
    ヴァイオリンの「G線のみで演奏する」ように編曲されています。
    G線
    G線はご覧の通り4本の中で一番太い弦なので、
    終始深い音色で演奏できるということもこの編曲の醍醐味。

    楽譜にもしっかり「Sul G」(G線で弾くという音楽用語)
    という記載があります。
    Gw
    札幌のプロオーケストラでご活躍中のヴァイオリニストさんに
    「実際のところ、みなさんG線上で弾いているのでしょうか…?」
    とお話を聞いてみたところ、
    プロの方でもなかなかG線だけで弾く機会はないとのことでした…!
    (他の弦も使って演奏することや、他の調で演奏することが多いそうです)

    たしかに私もG線だけでの演奏は過去聴いたことがない(と思う)ので、
    一度どのように違うか聴き比べてみたいなぁと思いました♪

    今回、特設ページでは、
    ピアノメロディーのみ、伴奏バージョンの他、
    ピアノソロや、フルート&ピアノのアンサンブルなど、
    様々なバージョンで演奏動画を公開しております!
    手
    アンサンブルバージョンでは、
    クリスマス特別企画に引き続き、
    井関楽器フルート講師・川口莉奈先生と一緒に演奏しております。
    FlPf話し中
    是非ご覧ください!
    ⇒こちらから

    また、皆様にもこの素敵な旋律を奏でて、
    お楽しみ頂けると嬉しいです♪

    来月には違う編成でも配信予定ですので、
    ぜひお楽しみに!!

    『春の祭典ピアノフェア』
    は、4月25日まで開催中です!
    春の祭典表
    春の祭典裏
    これからピアノを始める方におすすめのピアノや、
    人気の国産中古ピアノが続々入荷しておりますので、
    この機会にぜひご来店ください!
    フェアの詳細、展示ピアノ情報は
    井関楽器公式ホームページをご覧ください!
    ⇒http://www.iseki-gakki.co.jp/

    チラシ裏面には、
    前回ご好評を頂いた
    「ピアノ調律師さんに聞いてみました!」
    第二弾を掲載しております!
    対談
    今回は、
    【ピアノの愉しみ方って??】
    というテーマでお届けしております。
    こちらも是非ご一読いただけると嬉しいです。

    ⇒Vol.2【ピアノの愉しみ方って??】
    ⇒Vol.1【ピアノの調律って??】


    皆様は日頃どのようにピアノや音楽をお愉しみでしょうか…!
    ちなみに私は最近、ピアノを弾きながらこれを…
    山崎
    というのは冗談で、
    ちょっとフライングのエイプリルフールでした!( *´艸`)

    ここ数か月は、
    しっかりと対策をして、
    コンサートを聴きに行くことを愉しみに過ごしております♪
    プログラム
    演奏を聴くことも好きな私にとって辛かったこの一年…
    少しずつ再開される演奏会へ足を運び、
    生の音楽を愉しむことのできる幸せをかみしめております…!
    キタラ
    2021/03/30(火) 06:05 ピアノ PERMALINK COM(0)